• Home
  • こぐまちゃんとぼーる

なくしたボールはどこへ?

こぐまちゃんとぼーる

2016/07/29
こぐまちゃんとぼーる

親戚のお下がりでもらった、こぐまちゃんシリーズ。

おすすめ年齢

1〜2歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

大きいボール

ころころ、ころころ

こぐまちゃんは、ボールが大好き

高い、高い

こぐまちゃんは、放る

ボール遊びは面白い

はずんで表へ飛び出した。

待て、待て、待て

坂道、ころころ

ボールが、ころころ

ころころ、ころころ

こぐまちゃんとボールの競争だ

ぽん

(飛んでいったボールが、配達中の牛乳屋さんトラックに)

ボールは、どこへ行ったのかな

こぐまちゃんとぼーる1

ここにもない、ここにもない

こぐまちゃんは、ボールを探します

ボールは、どこへ行ったのかな?

(泣きだしてしまう、こぐまちゃん)

ないよ、ないよ

ボールが、ないよ

こぐまちゃんとぼーる2

はいっ、こぐまちゃんのボールだろ

(牛乳屋さんが、牛乳と一緒にボールを持ってきてくれる) 

あった、あった、大きいボール

牛乳屋さん、ありがとう

こぐまちゃんとぼーる3

(牛乳ビンを3本手に持って、頭にボールを乗せて)

大きいボール、まあるいボール

こぐまちゃんは、ボールが大好き

感想

ボールが大好きで、無くして探しきれずに泣いたり、見つけて喜んだりと、完全にうちの子と同じでした(笑)

ほんと子どもって、なんであんなに探すの下手くそなんでしょうね。指差して教えてあげても気づかなかったり(うちの子だけ?)

ボールが好きな1〜2歳くらいの子には、ピッタリだと思います。

子どもの反応

息子が1歳〜2歳になるくらいまでの間、かなりお世話になりました。

特に、1歳過ぎてからはピタゴラスイッチにハマった時期で、何でも転がすのが日課だっただけに、この本も真剣に読んでいました。

2歳過ぎてからは、あまり読まなくなりましたが、3歳になって久々に読んだところ、最後に頭にボールを乗せているシーンを見て、すごい!と大爆笑でした。

大分ものごとがわかってくると、観点も変わってきますね。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本