海外の数字の絵本!

123のえほん

2016/07/01
123のえほん

図書館で息子が見つけて持ってきた絵本。

タイトル通り、数字のお勉強ができる絵本。

おすすめ年齢

3〜4歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★☆☆ 3
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

  • 1:へびくん、1ぴき。さびしくないの?「友達いるよ。ほら、ぬいぐるみのくまさんさ」
123のえほん1
  • 2:2匹のおさるは、テニスに夢中。雨が降っても、練習、練習。
  • 3:3匹のこぶたは、くいしんぼう。「ケーキをたくさん作ろうね」
  • 4:4匹のカエルは、変わってる。穴の空いたソックスがお気に入り。
  • 5:5匹の元気なあおむしくん。「しゃぼん玉と空を飛びたいなあ」
  • 6:6羽のペンギン、楽しそうだね。「ジェリービーンズがあれば、いつもごきげんさ」
  • 7:7匹のうさぎが集まって、帽子をかぶって、ぴょんぴょんダンス。
  • 8:8匹のねずみ、なぜ泣いてるの?「大事なふうせんが飛んでっちゃったよぉ」
123のえほん2
  • 9:9匹のてんとうむしは、スケボーが得意。「僕のジャンプ、すごいでしょ?」
  • 10:10頭のめうしのフラフープ大会。「優勝するのは、ぜったい私よ」

このような形で、20まで続く。

  • 1〜10の数字が、見開きでまとまっている。
  • 11〜20の数字が、見開きでまとまっている。

123のえほん3

感想

絵はかわいいのですが、内容については、海外のセンスだなぁという印象。

特にジェリービーンズ、スケボー、フラフープなどは、読みそうな年齢だと馴染みがないし、わかる年齢になったら内容が簡単すぎる気がする…。

数字が、1ページにどかんと大きく書かれてあるのは、良かったです。

子どもの反応

3歳0ヶ月の息子。数字はもう、「はじめての123」で覚えているため、1人で1ページずつ開きながら「1、2、3…」と読み上げていました。

絵は、大好きなシャボン玉と風船、カラフルな蝶、地球が出てくるページが、気になった様子。

「これは何?」、「何してるの?」などと質問していました。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本