• Home
  • ちっちゃな ねずみくん

小さくても大きいんだよ!

ちっちゃな ねずみくん

2016/05/13
ちっちゃな ねずみくん

図書館で見つけた、ねずみくんシリーズ。

おすすめ年齢

2〜4歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

おっとっとっと、ゴツン。

(石につまづくぞうさん)

っと

ギャー

(つまづいた拍子に、ねずみくんの尻尾を踏んでしまう)

ちっちゃな ねずみくん1

ねずみくん、ごめんね。ちっちゃくて見えなかったんだ。

それより、ぞうさんの足、大丈夫? 僕がちっちゃくて目立たなかったから、いけなかったんだ。

ねずみくん、僕のこと心配してくれている。

(ねずみくんの思いやりを感じるぞうさん)

(ねずみくんはプードルさんを見つけ)

プードルさんは、大きくて、かわいくて、目立って良いなぁ。

そうね、みんなにかわいいって言われるわ。

でも、パンダさんはもっと大きくて、目立つわよ。

ちっちゃな ねずみくん2

この調子で、

パンダ → クジャク → ライオン

と続く。

そしてライオンさんは、

でも、なんと言っても、ぞうさんには敵わないよ。

僕らの中で、一番大きくて、立派な鼻を持っているんだ。

とんでもない、僕より大きくて立派なのは、ねずみくんだよ。

ねずみくんは自分のことより、他の人のことを思える、立派な心を持っているんだ。

ちっちゃな ねずみくん3

感想

最後はちょっとクサいセリフで終わりますが(笑)、人の価値は見た目じゃないんだよ、というのが表現されていて良いですね!

最後の挿絵で、ねみちゃんが「ねずみくんは、ちっちゃくても心は大きいんですからね!」と怒っているのですが、これは???でした。

誰もねずみくんのこと言ってないのに…、被害妄想?ヒステリック?と感じてしまいました(笑)

子どもの反応

2歳10ヶ月の息子。ぞうくんの石にぶつけた足が真っ赤になっているので、「痛そうだね〜」と心配していました。

そういったことも感じられるようになったことに、成長を感じます。

メインのねずみくんが大きくて立派というオチは、理解できているのかわからないですが、何度も読んでいるところをみると、そこそこ楽しんでいるようです。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本