• Home
  • もう おきるかな?

少しリアルな動物を見せたいならオススメ

もう おきるかな?

2016/05/12
もう おきるかな?

保健所でファーストブックとしてもらった本。

通常は「じゃあじゃあびりびり」をもらえるらしいのですが、既に持っていたため、こちらの本に変えてもらいました。

おすすめ年齢

0〜1歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★★ 5
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

ねこ ねこ よくねているね。

もう おきるかな?

もう おきるかな?1

あー、おきた!

もう おきるかな?2

この調子で、

  • いぬ
  • りす
  • くま
  • ぞう

が出てくる。

最後のぞうだけは、「あー、おきた!」の後に、「さあ、おでかけですね。」と続く。

ちなみに、表紙にはうさぎの寝ている姿、裏表紙に起きた姿が描かれてます。

感想

まだ、絵本をあまり持っていない頃、そろそろリアルな動物の絵も見せたいなぁと思っていた時に、ちょうど出会えた絵本でした。

割とリアルに描かれているけど、結構可愛い!

若干薄めですがボードブックで、内容も寝て起きてとシンプルなので、初期の絵本にぴったりだと思います。

子どもの反応

息子が10ヶ月〜1歳5ヶ月くらいまで、大活躍しました。

1歳以降になってくると、寝る、食べるといったような身近なお話だと、やっぱり反応がいいですね。

1歳8ヶ月くらいになると、「ねこちゃんのページはどこ?」とパラパラめくりながら言うと、該当のページを教えてくれるようになりました。

2歳10ヶ月の現在も、たま〜に思い出したように持ってきています。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本