• Home
  • ねずみくんとシーソー

ぞうくんとシーソーできるかな!?

ねずみくんとシーソー

2016/04/25
ねずみくんとシーソー

図書館で、息子が自分で選んだ、ねずみくんシリーズ。

おすすめ年齢

2〜4歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

(ぞうさんがシーソーに乗りながら)

ねずみくんは小さいから、僕とはシーソー出来ないね。

そんなことないよ。

ねずみくんとシーソー1

僕にはお友達がいっぱいいるんだから。

ねずみくんのお友達みんな集まって〜。

ねみちゃんが大声で呼びかけます。

ねずみくんとシーソー2

僕達のこと、呼んだかな?

ぶたさんと、あひるさんが来ましたが、まだまだ全然動きません。

続々とお友達が来ますが、それでも全然動かない。

もっと大きなお友達はいないの〜。

 するとなんとくまさんが!

しかし、後ちょっとで動きそうなのに、動かない。

僕の友達、もういない、駄目だ〜。

ねずみくんとシーソー3

友達がもういないだって!僕も友達なのに…。

ねえ、僕も友達だよ〜。

ぞうさんは反対側のシーソーを鼻で押し、無事に動かすことが出来ました。

ギッタン、バッコン。

ねずみくんとシーソー4

感想

くまくんの次は、ライオンかキリンかな?と思っていたのですが、ぞうくんが自分で押すとは意外でした!

動物たちの一致団結な感じも良いですね!

ねずみくんの中でも当たりの作品でした。

子どもの反応

2歳10ヶ月の息子。ずっとニヤニヤしながら読んでました。

次にどんな動物が来るか楽しみにしてたんだと思います。

まだ借りて2日目なので、もう少し反応を見ていきたいと思います。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本