• Home
  • いじわるねことねずみくん

いじわるしたいのに、ことごとく返り討ちに…

いじわるねことねずみくん

2016/04/04
いじわるねことねずみくん

図書館で見つけた、ねずみくんシリーズの一冊。

仕掛け絵本になっていて、開いたら次の展開がわかるという形になっています。

おすすめ年齢

3〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★☆☆☆ 2
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

「このしっぽ、ブルくんに噛まれたんだ」

いきなり、いじわるねこくんが、尻尾を怪我しているところから始まります。

「あのねずみのせいなんだ」

どうやら怪我をしたのは、ねずみくんと関係があるみたい。

ねずみくんは、ガールフレンドのねみちゃんと公園で待ち合わせらしく、ランランランと上機嫌。

仕返しをしようと企む、いたずらねこくんですが、ことごとく空振り。(このあたりが仕掛け絵本になってます)

  • 鉄棒に座って待ち伏せ → 鉄棒ではなく実はへび。滑り落ちて腕を骨折。
  • 虫取り網でねずみくんを捕まえようとすると → 近くの蜂の巣を刺激してしまい、刺される。
  • シーソーに乗るねずみくんを捕まえようとすると → シーソーに足を潰される などなど
いじわるねことねずみくん1 いじわるねことねずみくん2

他にもいくつかいたずらをするのですが、最後は全身ボロボロ。

見かねたねずみくんは、担架でねこくんを運びます。

「あんなにいじわるしたのに、こんなに優しくしてくれるなんて」

いじわるねことねずみくん3

そこにねみちゃんがやって来て、

「いつまで私を待たせるの!」

とっさにねずみくんは担架を手放してしまい、背中を打つねこくん。

いじわるねことねずみくん4

踏んだり蹴ったりです^^;

感想

うーん、正直どこで楽しめばいいかわかりませんでした。ひたすらねこくんが痛いだけで終わり。

トムとジェリー風にしたかったのかな?と思いましたが、トムとジェリーは、返り討ちがコミカルで面白いし、やってやり返してだから、なんだかお互い憎めないという微妙な関係が良いんですよね。

なんだか見ていて気分も良くないし、あまり子どもに見せたくないなと思いました。

子どもの反応

2歳9ヶ月の息子に読み聞かせ。始終痛そうな顔をしていました。

図書館で借りてきたものの、特にもう一度読みたいとは言っていないので、一度しか読んでいません。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本