• Home
  • せんたくかあちゃん

なんでも洗濯してしまう豪快なかあちゃん!

せんたくかあちゃん

2016/04/03
せんたくかあちゃん

妻が小さいころに読んだ絵本の中で、イチオシの絵本。

図書館で見つけたので借りて来ました!

おすすめ年齢

2〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★★ 5
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

何でも洗濯してしまうかあちゃん。

家中の物を全部洗濯してしまったかあちゃんは、子どもたちに何か洗うものを探してくるように伝えます。

せんたくかあちゃん1

「たいへんだ、洗濯されちゃうぞ」

危険を察知した動物達や、家の靴や傘などは、慌てて逃げまわります。

せんたくかあちゃん2

「とまれ!」

かあちゃんの一声で、心臓がどきりとして、みんな動けなくなってしまいます。

かあちゃんはみんなをたらいに放り込んで、あっという間に洗濯してしまいます。

森に物干しロープを張り巡らせ、洗濯したものを全部干しました。

子どもたちや動物までもが、洗濯バサミでとめられています(笑)

せんたくかあちゃん3

そこに、たまたま通りかかった、かみなりさまが、物干しロープに吊るされている動物達を見つけ、おへそを狙おうとします。

しかし、森に張り巡らされた物干しロープに引っかかってしまいました。

かあちゃんは、かみなりさまに「あんたは何しに来たんだね」

「おへそを取りに来たに決まってるじゃないか」

せんたくかあちゃん4

それを聞いて怒ったかあちゃんは、かみなりさまもたらいに放り込んで、ごしごし洗濯してしまいます。

広げて干してみると、あらびっくり。しわくちゃな上に、目も鼻も口もなくなってしまいました。

かあちゃんは、子どもたちに、かみなりさまの顔を書いてあげるようにいいます。

クレヨンで顔を書き込むと、なんとイケメンに!

「なんだかいい男になっちまったぜ」

せんたくかあちゃん5

翌朝、突然かみなり雲がやってきて、

ピカッ ガラガラ ドシーン ドンガラ ドッシーン

びっくりして見回すと、そこいら中がかみなりさまで一杯。

「かきなおしてれえ、いいおとこにしてくれえ」

そこでかあちゃんは張り切って、

「よしきた、まかしときい」

せんたくかあちゃん6

感想

かあちゃんが豪快すぎです(笑)

色んな物が干されている場面は、じっくり干されているものを見るのがオススメです。

子どもたちがかみなりさまの顔を描く時、てっきりぐちゃぐちゃになるかと思いきや、素晴らしい画力ですね!

子どもの反応

2歳9ヶ月の息子に読み聞かせ。

はじめは、全然興味を持ってくれず、他の本を読むと言っていましたが、他の本が飽きた頃に一回読んでみると、気に入って繰り返し読んでます。

特に食べ物や靴まで洗濯から逃げようとしている場面、動物まで干されている場面、かみなりさまがイケメンになる場面がお気に入り。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本