• Home
  • コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本

コんガらガっち4作目!今度は忍者!?

コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本

2016/03/21
コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本

毎日、朝夕にピタゴラスイッチを2話ずつ見るのが日課の息子。

コんガらガっちの1作目 も大のお気に入りで、2作目も買ってみようかなと調べたところ、どうやらもうすぐ最新刊の4作目が発売らしい!

ということで、4作目となる「コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本」を予約して買ってみました!

おすすめ年齢

2〜4歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★★ 5
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

1作目と同様、主人公「いぐら」の自己紹介から。どうやらお決まりみたい。

「いぐら、にんじゃに なって ぬきあし さしあし すすめ!」 の まき

ある晩、いぐらのもとに、謎の司令が届きます。 「盗まれた 巻物を 取り返せ!」

いぐらは 忍者いぐらのすけに変身! 悪者のお屋敷に忍び込みます。

お屋敷は、まさに忍者屋敷! 色んな仕掛けを乗り越えながら巻物を探します。

コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本1

無事に巻物をゲットしたいぐらですが、その後、門番に見つかってしまい、たくさんある道具の中から一つを選んで隠れます。

コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本2

次のページに、いぐらが道具を使って場内に隠れている様子が出てきます。 あ!ここにいた!という感じで、隠れたいぐらを探して遊びます。

脱出後は、手に入れた巻物の中身明らかになるのですが、それがちょっとクスッときます。

「いぐら、どうぐを つかって すすめ」 の まき

きりんと、むささびがこんがらがった「きささび」から、いぐらに招待状が届きます。

こんど、うちにあそびにくるとき、これを もってきてください

  • かさ
  • ながい ぼう
  • スコップ
  • はみがきこ

何に使うかわからないまま、いぐらは、きささびの家に向かいます。

内容はオーソドックスな、道が二手に別れるタイプ。各分かれ道で道具を駆使して進みます。

相変わらずシンプルで面白いです。

コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本3

「いぐら、いいにおいを さがせ!」 の まき

いぐらが部屋で本を読んでいると、ドアの向こうからいい匂いが! いぐらはいい匂いのもとを探しに行きます。

今回は、ドアからドアへワープする仕組み。 ドアの色・形が同じものを探し、そちらに移動しながら進んでいきます。

なんと、いぐらのお父さん、お母さんまで登場します!

コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本4

最後に、この本で出てきたコんガらガっちの紹介。 やはり、みんな、2種類の生き物がこんがらがっています。

コんガらガっち ぬきあし さしあし すすめ!の本5

感想

絵と色のセンスは、さすがとしか言いようが無いです!(表紙の色だけは毒々しいですが笑)

内容に関しては、今回はちょっと進む道が分かりにくかったり、1ページに色んな要素が凝縮されているなぁという印象。(特に1話目と3話目)

シンプルでは無くなった分、少し読みにくくなった気がしますが、慣れればいつもと違った気分で楽しめて良いかもしれません!

子どもの反応

ピタゴラ大好きな、2歳9ヶ月の息子と一緒に読みました。

買ってから3回位読んだところなのですが、やはり1作目よりやや複雑な作りのせいか、まだ3割くらいポカ〜ンって感じです^^; ちょっと2歳には早いのかも。

2話目は普段通りのシンプルな作りなので、すごく楽しんでいます。

全体としては、複雑な反面、内容が凝っているので、今後読んでいくうちに評価が上がるかもしれません。

また進展があれば更新したいと思います!

もし、コんガらガっちが気になっていて、まだ3歳未満という場合は、1作目か、3作目の方をお勧めします。

[2016/4/4 追記] 買ってから2週間程になりますが、何度も読んでいるうちに、面白さがわかってきたようで、今では1作目より好き!とまで言ってます。今のところ一番は3作目らしいです。

まだまだ飽きそうにありません(評価を+1しました!)

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本