• Home
  • なにをたべてきたの?

食べたら綺麗になっていく不思議なお話

なにをたべてきたの?

2016/02/03
なにをたべてきたの?

図書館で見つけた一冊。

作:岸田 衿子さん、絵:長野 博一さんの「なにをたべてきたの?」です。

おすすめ年齢

1〜3歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★★ 5
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

なにかを食べようと歩いている、しろぶたくん。

りんごを見つけて、さっそく「いただきまーす」

なにをたべてきたの?1

しろぶたくんは、

「あー おいしかった でも まだ おなかが すいてるなー」

と言っているが、しろぶたくんの体には、なぜかりんご色の丸い模様が!

他に食べ物はないか探して歩く、しろぶたくん。

道中に会ったぶたのお友達に、「いつもとすこし ちがうみたい」と言われます。

なにをたべてきたの?2

その調子で、レモン、メロン、ぶどうを食べ、絵本の表紙のように、4色のきれいな模様ができます。

みんなからは、「いつもより きれいになった」、「まえより すてきになった」と言われます。

なにをたべてきたの?3

まだ何か食べたい、しろぶたくん。

石鹸を見つけ、「これを たべたら もっと きれいに なるかな?」

なにをたべてきたの?4

石鹸を食べた、しろぶたくんに異変が!

お腹の中が泡だらけになり、体が膨らんで苦しそう。 鼻からも泡が溢れだしています。

「せっけんが おなかの なかで いたずら するう」

なにをたべてきたの?5

そのまま坂道を転げ落ち、倒れるしろぶたくん。

体のきれいな色は、鼻から出た大きなシャボン玉と一緒に消えていまいます。

「せっけんが おなかの なかから にげていくう!」

なにをたべてきたの?6

後日みんなに会った時、「ぼく いつもと ちがうかしら?」と聞いてみます。

「いつもと おんなじだよ  でも まえより おおきくなったみたい  なにと なにを たべてきたの?」

とみんなが答えて、おしまい。

感想

大人が冷静に読むと、なぜ!?という感じの不思議なお話なのですが(笑) 子どもにはそこが面白いみたいです。きっと、理屈ではないのでしょうね。 素直に楽しめる子どもに感心するとともに、こういったお話を作るってすごいなと思いました。

絵はやさしい色とタッチで、すごく良いです。 あまり可愛過ぎない、このくらいの絵が個人的には好みです。

子どもの反応

2歳6ヶ月の息子に朗読しました。

「あかくなった!」とか「せっけん たべた(笑)」とか、要所要所で良い反応をしていました。

図書館で借りてから返却まで、頻繁に読んでいたので、比較的長く読めそうな気がします。

返却してから1ヶ月後の今でも、お風呂で石鹸を見かけると、

「せっけん せっけん  これをたべたら きれいになるかなあ?  ならない ならない!」

なんて一人で言っています(笑)

[2016/3/9 追記] 2歳9ヶ月。図書館で再度借りてきました。

相変わらず好きなようです。ある程度のセリフを自分で読むようになったところに成長を感じます。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本