home

arrowup

  • Home
  • アンパンマンをさがせ! (1)

アンパンマンは偉大!本当に数年遊べます!

アンパンマンをさがせ! (1)

2016/02/29
アンパンマンをさがせ! (1)

前職の同僚のお姉さんにいただいた絵本。

懐かしの「ウォーリーを探せ」のアンパンマンバージョンです。

おすすめ年齢

1〜3歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★★ 5
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

町並みの中に色んなキャラクターがいて、その中からお題になっているキャラクターを探すゲームブックです。

パン工場の前の広場で、パーティーの準備をしている様子。メインキャラクターはほぼ登場。

アンパンマンをさがせ! (1)1

ご覧のとおり読みすぎてぼろぼろです^^; セロハンテープで修繕しています。

てんどんマンや、ぎゅうどんマンなど、丼もののキャラクターが大集合。

ピエロ、メリーゴーラウンド、風船、出店など賑やかな雰囲気。太鼓にラッパなど、音楽にまつわるキャラクターもたくさん。

アンパンマン号、ショクパンマン号、ダダンダン、SLマンなど、乗り物のキャラクターが大集合。

アンパンマンのみ、たくさん描かれている。旗を持っていたり、葉っぱを持っていたりなど、微妙な違いを見分ける。この本の中で一番難易度が高い!

畑に川、藁葺き屋根の団子屋など、時代を感じる風景。たぬき、きつね、鬼、天狗、かっぱなど、おとぎ話に出てきそうなキャラクターがメイン。おむすびマンやマキちゃんもいます。

アンパンマンをさがせ! (1)2

変装したバイキンマンとカビルンルンのみ、たくさん描かれている。バイキンおばさんや、いそべバイキンマンなど、たぶん1回しか登場していないと思われるレアな変装。カビルンルンも色々変装していて面白い。

おかしの国の様子。アイス、ケーキ、プリンなど色んなおかしがたくさん。

最後に答えのページ。さらにおまけの問題も載っていて、それが実は本編以上に遊べます!

アンパンマンをさがせ! (1)3

感想

息子が当時1歳3ヶ月くらいだったと思います。アニメはおろか、アンパンマン自体にほとんど触れる機会がなかったはずのですが、この絵本で大ハマリ。まさにアンパンマンの偉大さを知った絵本でした。

本当にいろんなキャラクターがいるので、オリジナルで問題を出すこともでき、かなり長く遊べます。

さらに、段々と子どもの正解率が上がっていくところを見れるのも、この本の面白さです。

そして何気に、親がアンパンマンのキャラクターにも詳しくなるという特典も (笑)

我が家のはもう読みすぎてボロボロ!本当におすすめの一冊です。

ちなみにミニと大判とあるのですが、ミニは言うほど小さくなく程よいサイズです。値段も安いので、ミニで十分かと思います。

子どもの反応

1歳3ヶ月頃:「これはどーこだ!?」と問題を出すと一生懸命探す息子。しかし見つけられない。

「この辺だよ〜っ」と周辺をぐるっとなぞるも、案外なかなか見つけられない。

「ここでした〜!」と答えを教えると、真剣な表情で「なるほど〜」って感じでした(笑)

1歳5ヶ月頃:お題のキャラクターはほぼわかるようになりました。この辺にいるよ〜とヒントを出せば確実。

1歳7ヶ月頃:なんと、キャラクターの名前だけでかなりの正解率を叩き出すようになりました。

おまけ問題もほぼわかるようになり、オリジナルで色々と問題を出して遊んでいました。

2歳〜2歳4ヶ月頃:引っ越し後、ほとんど読まず。

2歳5ヶ月頃〜:思い出したようにひっぱり出してきたと思ったら、結構答えを忘れてしまっていたようで、再び一から楽しんでます。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。2人目出産直後のママにくっつこうとする長男を、どうにか引き離そうと必死になっている(悔しい)
  • 長男
    長男
    3歳。読者1号。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへと変遷。将来は野球の審判になりたい。
  • 長女
    長女
    生まれたてほやほや。うんちの音は、大人顔負け。読者2号になる予定。

おすすめの絵本