• Home
  • ざっそうの名前

ざっそうの名前

2019/01/17
ざっそうの名前

図書館の新年キャンペーンでピックアップされていた本。

なんと全ての絵が刺繍という、珍しい絵本です!

おすすめ年齢

5〜7歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★☆☆ 3
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

暑い日が続きます。

太郎くんは、おじいちゃんのうちへ、遊びに行きました。

「おじーちゃーん!」

「タロウか、よく来た、よく来た。おう、スイカのおみやげか。ありがとう。あそこのヒメジョオンのわきの水道で、冷やしておこう。」

「ヒメジョオン?ヒメジョオンって、なに?おじいちゃん」

ざっそうの名前1

(太郎君は、おじいちゃんと過ごしながら色んな雑草を見つけ、その特徴や名前の由来を、おじいちゃんに教えてもらいます。夏の設定なので、夏の雑草です)

<出てくる雑草>

  • ヒメジョオン
  • ツユクサ
  • トキワハゼ
  • カタバミ
  • オニノゲシ
  • シロザ
  • エノコログサ(ねこじゃらし)
  • オオバコ
  • イヌビエ
  • イヌタデ
  • スズメノカタビラ
  • コニシキソウ
  • ハキダメギク
  • ヒルガオ
  • オヒシバ
  • メヒシバ
  • ヤブガラシ
  • ドクダミ
  • ヘクソカズラ
  • ブタクサ
  • ヨウシュヤマゴボウ
  • イヌホオズキ
  • ヒメクグ
  • カヤツリグサ
  • マツヨイグサ
  • ブタナ
  • シロツメクサ
  • ツメクサ
  • ネジバナ
  • チドメグサ
  • キツネノマゴ
ざっそうの名前2

「春や秋や冬にもそれぞれ違う雑草があるから、また一緒に見に行こう」

「うん!」

(ひまわりに囲まれた縁側でスイカを食べる、太郎くんとおじいちゃん)

感想

結構な量の雑草が載っていたことにびっくり!

そして刺繍と思えないクオリティ。楽しめました。

知らない人にとってはただの雑草ですが、実際にはちゃんと一つ一つに名前があって、面白い特徴も持ち合わせている。

今後気になる草花を見つけたときは、観察したり調べたりしてみようと思いました。

子どもの反応

5歳7ヶ月の息子と読みましたが、いまいちな反応。

クオリティの高い刺繍ではあるものの、やはりリアリティにはかけてしまうので、たとえ見たことのある雑草でも、記憶と一致しない点が原因かなぁと思いました。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本