• Home
  • コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本

ド迫力!

コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本

2019/01/07
コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本

コんガらガっちもとうとう5作目!

本書以外はシリーズ全部持っているのですが、息子もそこそこ大きくなってしまったので、さすがに今から買い足すのもなぁと渋っていたところ、なんと図書館にて発見!嬉しい♪

おすすめ年齢

3〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★★ 5
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

(最初はお決まりの、主人公「いぐら」の自己紹介)

おれ、いぐら!

いるか と もぐら がこんがらがってできたせいぶつ。

よろしくー。

その1「いぐら、どんぐりをひろってすすめ!」のまき

コんガらガっちの王道、2手に道が別れてどちらにいくかでストーリーが変わるタイプ。

道を進むたびにわらしべ長者のように、どんどん違うものに変わっていって…

最終的に集まったものが何か考えてみると、なんとクリスマスパーティーグッズ!みんなでパーティー♪

コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本1

その2「いぐら、まちあわせにおくれる〜!!」のまき

みんなとの待ち合わせに遅れそうで、大慌てのいぐら。

移動手段を選択して、待ち合わせ場所まで急ぎます。

賢く電車を使ったり、ひたすら走ったり、ダチョウや亀に乗ったり(笑)と、なかなか面白い選択肢。

コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本2

その3「いぐら、どしんどしん ちょこちょこ すすめ!」のまき

どしんどしんトンネル or ちょこちょこトンネルを選択し、トンネルを出たら…!?

コんガらガっち どしんどしん ちょこちょこ すすめ!の本3

ビッグいぐらと、ミニいぐらの運命やいかに!

それにしてもこのトンネル…、ド◯えもんで見たことあるような(笑)

感想

さすがは5作目なだけあり、確実にパワーアップしています!

特にほぼ1ページを占領しているビッグイグラはかなりのインパクト(笑)

ただ強いて言えば、パワーアップしている分、一部のページで分岐がたくさん盛り込まれているページがあり、2歳以下くらいの子だと、分岐を辿るのが難しかもなぁという懸念はあります。

あと毎回思うのが、うえ田 みおさんの色のセンスが変わらず素晴らしいことです。今回は黄色や黄緑の背景色も多く使われていますが、決してうるさくなく、絵も引き立っている上に、とても見やすい。

子どもの反応

シリーズ全部を読み込んでいる5歳6ヶ月の息子。さすがに飲み込みが早く、何度も違うルートを試して楽しんでいました。

ただ、シリーズを読み込んでいることと、年齢的にそろそろ卒業する頃かなぁということもあり、今まで程のドハマリという感じはありませんでした。

本人からも「まぁまぁだった!」とのこと。(結構楽しんでたようには見えましたが 笑)

2歳2ヶ月の娘は、まだお話を理解するには早そうですが、大きないぐらには大喜び!

3歳位になったらもう一回読んでみたいところです。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本