• Home
  • ヘラクレスオオカブトムシのいちばんくん

勝利をつかめ!

ヘラクレスオオカブトムシのいちばんくん

2018/11/27
ヘラクレスオオカブトムシのいちばんくん

息子が図書館で見つけて持ってきました。

昆虫が主役の絵本は案外読んだことないかも。

おすすめ年齢

3〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

かんたろうは、誕生日プレゼントに幼虫をもらいました。

「これ、何になるの?」

「うふふ、それは、大きくなってからのお楽しみ。」

(何になるのか楽しみで、色んな成虫を想像しながら育てるかんたろう)

ヘラクレスオオカブトムシのいちばんくん1

(やがて成虫になり…)

「うわあ、でてきた!ヘラクレスオオカブトムシだ!!」

ヘラクレスオオカブトムシのいちばんくん2

(かんたろうはとても気に入り、どこへいくにも一緒)

(ある日、そのヘラクレスオオカブトムシが、突然しゃべりだし、一番強い昆虫を決める、昆虫大会に出たいと言い出します)

(心配なかんたろうでしたが、その日から厳しいトレーニングを積み、自分より大きい石も投げ飛ばせるように)

そして、きっと一番になれるように、いちばんくんという名前をつけました。

ヘラクレスオオカブトムシのいちばんくん3

(いざ大会の日、いちばんくんはとても強く、色んな昆虫を投げ飛ばします)

(ただし決勝戦であたったギラファノコギリクワガタはそうもいきません。力は互角)

「ひとりじゃないぞ、いちばんくん!僕も、僕も、ずっとついてるからな!」

(涙をこぼしながら応援するかんたろう)

「うんとこ どっせい、うんとこ どっせい、うんとこ どっせい……」

「やーーーーーー!」

「あ〜〜〜れ〜〜〜!」

ヘラクレスオオカブトムシのいちばんくん4

「力は、ほんとに同じだった。かんたろうとおいら、2人の気持ちで勝てたんだ。」

そういうといちばんくんは、優勝のメダルを…

かんたろうと一緒につけましたよ。

感想

のぶみさんの絵本には、内容が雑に感じるものも割とある印象ですが、この本は良かったです!

子どもの好きな昆虫や、色んな種類のカブトムシ、クワガタも出てくるし、訓練と応援が報われて、最後の相手を投げ飛ばせたシーンも爽快。

昆虫好きの子なら、みんな楽しめると思います!

子どもの反応

5歳5ヶ月の息子。

「うんとこ どっせい…」

「やーーーー!」

と気合いで投げ飛ばす様子がすごく気に入った様子。何度もページを戻っては読み上げています。

出てくる昆虫をひとつひとつ見ていったり、表彰台の3位に立っている小柄なカナブンが、どうやって勝てたのか考えてみたりしていました。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本