• Home
  • 365まいにちペンギン

秀逸なオチ!

365まいにちペンギン

2018/11/17
365まいにちペンギン

図書館にて、息子が「いい本見つけた!」と持ってきました。

このとぼけたペンギンの顔と、カオス感、私もどストライクです!

おすすめ年齢

6〜10歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

1月1日の朝9時、宅急便のお兄さんが玄関のベルを押した。

(受け取った箱をあけると、入っていたのはペンギン!差出人は不明。入っていたメモには…)

「僕はペンギン1号。お腹が空いたら何か食べさせてね。」

パパ「変だねぇ」

365まいにちペンギン1

次の朝……

ピンポーン!

2羽目のペンギンが届いた。

「私はペンギン2号。1号と同じくお世話をよろしくね。」

(次の日もまた次の日も、1羽ずつ届き、2月28日には…)

毎朝1羽届いたわけだから、ペンギンは全部で何羽になった?

31 + 28 = ??

そして次の日、ちょうど60羽になった。

いよいよ僕たちは悩み始めた。

この子達を、一体どうすりゃいいの?

(3桁を超えだすと、エサ代、世話、騒音、臭いなど、色々な問題が出てきます。でもそんな中でも……)

パパがペンギンの整理方法を発明したんだ!

365まいにちペンギン2

ペンギンの立方体 = 6✗6✗6 = ??

(こんな面白い発明をしたり 笑、気づけば自身もペンギンに!?なんだかんだと日々を過ごしていきます)

365まいにちペンギン3

(そして、12月31日の大晦日のお祝い中…)

ピンポーン!

(やってきたのは親戚?知り合い?のエコロジストのおじさん)

(おじさんは、温暖化で南極の氷が溶けてきたことを危惧して、ペンギン達を北極へ送ろうと考えました。しかし保護動物の輸出は禁じられているので、代案として家に1羽ずつ郵送することにしたとのこと。なんてはた迷惑な計画!笑)

(次の日、おじさんはペンギンたちをトラックに乗せて北極へ出発)

僕らの生活はいつものペースを取り戻した。

けれども……次の日の朝9時、宅急便のお兄さんが再び玄関のベルを押した。

ピンポーン!

(中にはなんとしろくま 笑)

365まいにちペンギン4

感想

ペンギンがどんどん増えていく様子も圧巻で、最後のオチも秀逸(笑)

こういう絵本もいいな〜と思いました。

内容としては算数の要素だったり温暖化の話も入っているので、小学生くらいからの方がいいかも?

子どもの反応

5歳5ヶ月の息子。ペンギンが増えていく様子が面白かったようで、ケラケラ笑っていました。

立方体に並べたり、1ダースずつ棚に詰めたりなどの、ぶっ飛んだ発想も楽しんでいました。

北極につれていく云々の話はちょっと難しかったかな?

少し大きくなった後、またもう一回読んでみようと思います。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本