• Home
  • れいぞうこのおくのおく

ぼくはここにいるよー!

れいぞうこのおくのおく

2018/11/12
れいぞうこのおくのおく

図書館の新作コーナーで見つけた一冊。

表紙から既にゆるい雰囲気が!好みです♪

おすすめ年齢

3〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

ブーン ブーン

カラ カラ カラ カラ

れいぞうこから、ブーン ブーンと音がする。

「ねえ、中で何が起きてるの?」

実は、れいぞうこのおくのおく……

「おうーい ここだよ、ここ! ぼくは ここに いるよー!」

チーズが すごく すごく 怒っていた。

僕がこの家にやってきたのは、チーズが大好きな すずちゃんの誕生日。

ママが僕をいろんな料理にしてくれて、それはそれは大活躍だったんだ。

れいぞうこのおくのおく1

(しかし、れいぞうこで次の出番を待っているうちに新しい食材にどんどん追いやられ、忘れられた存在に)

「このままれいぞうこの奥にいたら、点々カビが生えてきて、僕……チーズのおばけ、チーズゾンビになっちゃう……」

れいぞうこのおくのおく2

(見つけてもらえる場所まで移動するため、前にいる食材たちと交渉したり、食材が困っていることを解決したりして、場所を交代してもらいながら、ちょっとずつ前の方へ)

(さあ残すは、一番前にいる、かにさん)

そうだ!いいこと思いついちゃった。

「かにさん かにさん じゃんけんで僕が勝ったら、君の前に行っても良い?」

「ん?ああ いいよ。勝てるものなら勝ってみろ」

(チョキしか出せないかにさんに、グーで勝ちますが…)

「俺様がチョキしか出せ得ないと知っていて騙したな!」

(はさみで挟んで持ち上げられ、一番後ろまで戻してやると言われます)

「お願い、やめて〜!!」

れいぞうこのおくのおく3

ガチャ。ママがれいぞうこを開けた。

「ああ、今日はかになべよ」

すると、すずちゃんがにこにこ笑って言った。

「ママ、かにさんがチーズを持ってるよ」

(ママに思い出してもらえたチーズは、おいしいかにのチーズグラタンになれました。すずちゃんも大喜び!)

れいぞうこのおくのおく4

ブーン ブーン

カラ カラ カラ カラ

あれあれあれ?

今日もれいぞうこから、ブーン ブーンと音がする。

もしかするとやっぱり、れいぞうこのおくのおく、忘れられている誰かが怒っているかも知れないよ?

君のおうちの、れいぞうこのおくのおく、のぞいてみてね。

感想

冷蔵庫あるある!

最後はすずちゃんに大喜びで食べられて、チーズも大満足でしょう。

かわいい絵ながら、状況がわかりやすく描かれていて、文章量も少なめなので、気軽に読めるのではないでしょうか。

さて、この機会に子どもと冷蔵庫の整理しようかな(笑)

子どもの反応

5歳4ヶ月の息子と一緒に読みました。

おいしそうな絵を見て、チーズ料理が食べたくなったようです(笑)

特に、ちくわの穴に棒状のチーズを通している料理が出てくるのですが、「これいいな!」と感心していました。そのうち作ってあげよう。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本