• Home
  • たいふうがくる

海に行きたかったのに…

たいふうがくる

2018/11/05
たいふうがくる

図書館にて息子が持ってきた一冊。

前に見たアヒルの本と同じ絵だったから、とのこと。

アヒルの本?保育園でみたのかな。

おすすめ年齢

5〜9歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

今日は金曜日。

明日は家族で海に行くんだ。

でも……

さっきホームルームで先生が言ったんだ。

これから台風が来るから、今日はもう下校するようにって。

(空がどんよりしていき、がっかり)

お母さん「明日だめでも来週行けるからね」

来週じゃなくて、僕は明日行きたいんだもん!

たいふうがくる1

(雨風がどんどん強くなる)

寝る前に僕は考えた。

台風ってどのくらいの速さで進むのかな。

台風を追い払う機械があるといいのにな。

(空飛ぶ大きな船に乗って、プロペラで風を起こしている)

おっきなプロペラで、台風より強い風を起こすんだ。

たいふうがくる2

(真っ黒な雲の中、プロペラを回し続ける。突然雲が晴れて太陽が…)

「うわー、まぶしい!」

たいふうがくる3

土曜日、僕は一番に目が覚めた。

(カーテンを開けると透き通った青空!この青だけ唯一カラーで表現されている)

感想

子どもならではの発想で、台風を見事追い払いましたね!

ずっと絵が白黒だったのが、最後の最後で綺麗な青空!心のどんよりまで一気に晴れたことが伝わり、気持ちのいい読後感でした。

また絵に関しては、(あらすじの画像では伝わりにくいですが)ローアングルや近い距離でのアングルも多く、子ども目線に近いような感覚で、感情移入しやすかったり、世界が広く感じたりと工夫されているように感じます。

唯一の注意点として、「台風」に関しては軽い文章だけの描写しかないので、台風が理解できる年齢でないと、本の内容が??になる可能性があります。

子どもの反応

5歳4ヶ月の息子。

がっかりしているシーンでは度々浮き輪が出てきているのに気がついたようです。海に行きたい思いの強さが伝わっていると良いのですが!

読み終わった後は、

「ここからは夢なのかもしれないね〜」

「夢で台風を追い払ったのかなぁ?」

と2人で考察していました。

最後は「晴れてよかった!」とスッキリした様子でした。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本