• Home
  • ホットケーキのおうさま

大きさ、飾りの華やかさ、カビの色!?

ホットケーキのおうさま

2018/10/24
ホットケーキのおうさま

図書館にて、息子が良い絵本が見つからないということだったので、なんとなく私が目についたものを借りてみました。

絵がとても可愛いですよね!

おすすめ年齢

3〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★☆☆ 3
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

ある日、たくさんのホットケーキが集まって、ホットケーキのおうさまを選ぼうということになりました。

「おうさま?それならもちろん、僕だよね」

と普段から一番いばっているホットケーキが言いました。

「だって、僕が一番えらいもの」

「なんだって?ちびのくせに。おうさまになるのは一番大きなホットケーキに決まっているさ」

とすぐに言い返したのは、もちろん、一番大きなホットケーキ。

ホットケーキのおうさま1

(このような感じで、自分の特徴こそがおうさまにふさわしいと言い合います)

  • バターが肝心
  • ぺたんこ
  • 真っ黒に焦げている
  • 年上(かちんこちんでひびだらけのおばあさん)
  • 華やかさ(カラフルなかびが生えている)

「あらら、そんなこと言ったらあたしのほうがずっと華やかで綺麗だわ」

ホットケーキのおうさま2

(出てきたのは、アイスクリーム、サクランボ、バナナで飾られているホットケーキ。一同は納得しつつ決まりそうな雰囲気になりますが…)

「あれれ、ホットケーキがあんなにいっぱい!」

突然人間の子どもの声が聞こえました。

「そうだ。あの人間の子どもに決めてもらおう。誰がホットケーキのおうさまにふさわしいか」

(みんなその意見に賛同。子どもは少し悩みます)

「ええと、ええと…」

ホットケーキのおうさま3

「ええと…ええと…そうだ、これっ!」

(指さしたのは、一番新入りの何の変哲もない焼き立てのホットケーキ)

「うぉっほ、ほっ、ほっ、どんなもんだい!」

(選ばれたホットケーキはおおいばり)

「いっただきまーす!」

ホットケーキのおうさま4

いばっていたホットケーキのおうさまは、あっという間に食べられて、いなくなってしまいました。

そして、残りのホットケーキのうち、もう誰もおうさまになんかなりたいと思わなくなったので、ホットケーキの王様を決めるのはおしまいにして、みんなで仲良く遊びました。

感想

色んな特徴のホットケーキが出てくるのがおもしろいですね!

人間にとっては美味しいが正義ですが、ホットケーキの世界ではそうではないみたいですね(笑)

子どもの反応

5歳息子。

かびだらけのカラフルなホットケーキに興味津々でした(笑) そのうちカビの図鑑でも借りよう。

そこそこ楽しんではいましたが、やっぱり料理に興味を持ちそうな女の子の方がより楽しめるかも知れませんね。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本