• Home
  • コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本

しりとりにすごろく、新しい!

コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本

2018/10/18
コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本

息子の3歳の誕生日に、おばあちゃんに買ってもらいました。

コんガらガっちシリーズはこれも含めて全部で4冊持っていますが、どれも散々読んでお世話になった良作です。

おすすめ年齢

4〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★★ 5
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

(最初はお決まりの、主人公「いぐら」の自己紹介)

おれ、いぐら!

いるか と もぐら がこんがらがってできたせいぶつ。

よろしくー。

その1「いぐら、もことハイキングにいくぞ!」のまき

コんガらガっちの王道、2手に道が別れてどちらにいくかでストーリーが変わるタイプ。

無事に山の頂上にたどり着けるか!?

コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本1

その2「いぐら、しりとりで あっちこっち いくぞ!」のまき

しりとりになるように道を選んで進んでいくタイプ。

ゴールを目指すもよし、色んな道を通るのもよし、なかなか楽しめます。

コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本2

その3「いぐら、どうくつたんけん!!」のまき

○マス進め!、○マス戻れ!各マスに指示が書いてあって、その指定通りに進んでいくタイプ。スゴロクのような感じです。

小さい子は慣れるまで少し難しいかもですが、頭の体操に良いです!

コんガらガっち あっちこっち すすめ!の本3

感想

相変わらず、この色使い、ゆるいキャラ感、最高です!

買ってもらった本ですが、やっぱり頭を使う本は家に何冊かあると、他の系統の本とローテーションできて良いなぁと思います。

子どもの反応

他のコんガらガっちシリーズに比べて、少しルールが理解しにくいようで、息子は4歳くらいになってようやく面白さに気づいたようでした。

しりとりも色んな道を通れることがわかって、何度もページを行き来していました。

スゴロクも最初は???な感じだったのですが、自分一人で数を数えながら楽しんでます。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本