home

arrowup

  • Home
  • そらとぶパン

雲の中はパンの国!

そらとぶパン

2017/01/08
そらとぶパン

図書館にて長男が発見!

表紙からは全然話が読めなくてワクワク^^

おすすめ年齢

3〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

トンネルの中から、とてもいい匂いがしてきました。

しばらくすると、中から大きなパンが出てきました。

パンは駅にやってきました。

(みんなは、パンに乗り込む)

そらとぶパン1

(パンが線路を走っていると、なんと反対方向からも列車が!)

「キャー、ぶつかるー」

(パンはぶつからずに浮かび上がり、空まで上っていきます)

  • 雲のソフトクリーム → 甘くて美味しい
  • 雲の大男 → みんなの頭の上でお昼寝

(そして、とても大きな雲の中に入っていきます)

(なんと、雲の中はパンの国。そらとぶパンを降りて、パンの国の人たちにパンをごちそうになります。色んな形のパンがあって面白い)

  • ピーマン型のジャムパン
  • おだんごパン
  • 傘のパン

などなど、12種類が描かれている。

(そらとぶパンに乗り込み、パンの国をお散歩していると、突然、怪獣に遭遇!みんな食べられてしまいます)

(しかし、怪獣はパンで出来ていて、お腹の中から手でトンネルを掘り、無事、脱出成功!怪獣は泣いてしまい、みんなで空けた穴を塞いであげます)

(怪獣は感謝して、尻尾に付いているパンをみんなにプレゼントします)

そらとぶパン2

(怪獣とお別れし、パンはまた元の駅に戻って、みんなを降ろし、空へと消えていく)

感想

絵本ならではの、ファンタスティックなお話でした!

最初の、トンネルから突然、細長いパンが出てくる様は、なかなか斬新で、いきなり引き込まれました。

お話がわかりやすいので、絵本が苦手な子にもいいかも。

子どもの反応

3歳6ヶ月の長男。

最初にトンネルからパンが出てきて、ニヤリ!

そして対向列車とぶつかると見せかけて、空を飛ぶシーンで大喜びでした。

男の子は電車が好きなのはもちろんのこと、うちの長男は、パン屋さんに毎週通う程、パンが大好きなので、パンの国という設定も、大ハマリだったようです。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。2人目出産直後のママにくっつこうとする長男を、どうにか引き離そうと必死になっている(悔しい)
  • 長男
    長男
    3歳。読者1号。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへと変遷。将来は野球の審判になりたい。
  • 長女
    長女
    生まれたてほやほや。うんちの音は、大人顔負け。読者2号になる予定。

おすすめの絵本