• Home
  • さつまのおいも

おいもの逆襲!ベタなオチだけど鉄板

さつまのおいも

2016/02/10
さつまのおいも

2歳7ヶ月の息子が、図書館で自分で見つけてきた絵本。

可愛いさつまいものお話。

おすすめ年齢

1〜3歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★☆☆ 3
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

前半は、おいもの生活の紹介。

おいもは土の中で暮らしていて、ご飯も食べるし、歯も磨く。 トイレにも行くし、お風呂にも入る。 トレーニングしたり、水泳したり、マラソンしたり。 寝る時もみんな一緒。

さつまのおいも1 さつまのおいも2

後半は、子どもたちと勝負!

子どもたちと、土の中のおいもたちが綱引きをします。

スッポーン!

「わたしたちの まけで ごわす」とおいもたち。

さつまのおいも3

お決まりの焚き火で焼き芋。 いっぱいいっぱい食べます。

みんなでおなら! 「くさーい くさーい」

さつまのおいも4

おならの中から、おいもの顔が浮かび上がってきて 「はっはっはっ わたしたちの かちで ごわす」

さつまのおいも5

感想

後半はベタな展開ですが、臭いおならが、おいもの逆襲という発想は面白いですね!

あと、おならの描き方がほんとに臭そうに見えます(笑)

子どもの反応

2歳7ヶ月の息子に読み聞かせ。

やっぱりおならは鉄板ですね!ゲラゲラ笑っています。

それ以外は、至って普通という感じでした。

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本