home

arrowup

  • Home
  • 三びきのやぎのがらがらどん

容赦なさすぎる大やぎ!

三びきのやぎのがらがらどん

2016/02/10
三びきのやぎのがらがらどん

超メジャーな北欧民話の本作。

図書館であまり時間もなかったので、タイトルだけ見て借りてきたのですが、読んでみてびっくり。

なんとも殺伐とした結末が面白い!せっかくなのでご紹介したいと思います。

おすすめ年齢

2〜5歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★☆ 4
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

三匹のやぎのお話。三匹ともみんな「がらがらどん」という名前です。 ある日、三匹のがらがらどんは、山の草場に食事に行きました。

山を登る途中で橋を渡らなければならないのですが、橋の下には、なんと大きな怪物「トロル」が。

三びきのやぎのがらがらどん1

最初に一番小さいやぎが、橋を渡ります。 当然、トロルに見つかり、一飲みにしてやる!と脅される小さいやぎ。

三びきのやぎのがらがらどん2

しかし、そこは機転を効かせます。 もう少し待てば、もっと大きいやぎが来るよと言って、見逃してもらいます。

宣言通り、次は少し大きい二番目やぎが橋を通ります。

待ってましたとばかりに、一飲みにしてやる!と脅すトロル。

ですが、またも同じ手を食わされます。 もう少し待てば、もっと大きいやぎが来るとのことで、二番目やぎも見逃します。

三びきのやぎのがらがらどん3

このトロル、非常に律儀。

その時、気が付くとトロルの目の前には、一番大きいやぎが! 慌ててトロルは「何者だ!?」と叫びます。

「おれだ!おおきいやぎの がらがらどんだ!」

三びきのやぎのがらがらどん4

二本の角で目玉をでんがく刺し。肉も骨も粉々に踏み砕くぞ!と大やぎ。

私がトロルだったら泣いちゃいます (((( ;゚Д゚)))

三びきのやぎのがらがらどん5

威嚇かと思いきや、本気だった大やぎ。

本当に目玉を串刺しにした上で、文字通り木っ端微塵に。

三びきのやぎのがらがらどん6

そこまでせんでも!

無事に山の草場に辿り着いたやぎたちは、食べ過ぎで太って家に帰るのもやっとでした、というお話。

感想

トロルは、結果的に縄張りに入ったやぎを威嚇しただけで終わってしまい、どちらが悪者かわからない状況(笑)

読み聞かせ時は、いかにトロルを怖く演じて悪者に仕立てるかが鍵になります。

また、1番目と2番目のやぎが仲間を売った、という意見もあるみたいですね。確かにそうとも取れるかも。

まぁでも、三匹とも仲が良さそうだし、きっと事前に作戦会議したんでしょう!

と思ったら、小さい頃に同じように考えていた方がいらっしゃいました。三匹の会話が面白い(笑)

3匹のヤギのがらがらどん - チラシの裏以下の何か

ちなみに、最後の締めくくりに「チョキン、パチン、ストン はなしは おしまい」と謎の擬音が出てきて、「え!?誰かに食べられたの?」とドキッとするのですが、「めでたし めでたし」のような、民話でよく見られる決まり文句ではないかと言われているようです。

「三びきのやぎのがらがらどん」の最後で - 文学 解決済 | 教えて!goo

子どもの反応

2歳7ヶ月の息子に読み聞かせ。

きっと翻訳が良いのでしょうね!抑揚を付けやすく、息子も話に引きこまれている感じがしました。

だんだんやぎの声が大きくなっていくのも、ポイントな気がします。

借りて4日経ちましたが、今のところほぼ毎日読んでいます。

他サイトのレビュー

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。2人目出産直後のママにくっつこうとする長男を、どうにか引き離そうと必死になっている(悔しい)
  • 長男
    長男
    3歳。読者1号。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへと変遷。将来は野球の審判になりたい。
  • 長女
    長女
    生まれたてほやほや。うんちの音は、大人顔負け。読者2号になる予定。

おすすめの絵本