• Home
  • いもいもほりほり

リズミカルで楽しく読める!

いもいもほりほり

2016/02/02
いもいもほりほり

図書館で見つけた一冊。

西村 敏雄さんの「いもいもほりほり」です。

おすすめ年齢

2〜4歳
※ 個人の主観です

おすすめ度

★★★★★ 5
※ 最大5まで、個人の主観です。

全体のあらすじ

最初に3匹のぶたの兄弟が、のんびり雲を見ながらつぶやきます。

「あの くも いもに みえるぞ~。」 「やきいも たべたいな〜。でも いもが ないな…」 「そうだ、いもほりに いこう!」

いもいもほりほり1

「いもいも ほりほり いも ほりほり♪」

歌いながら畑を探しに行くのでした。

道中、ねずみくんに会い、一緒にいもほりに連れてってほしいと言われます。

「ねずみくんは力がないからな…」と思いながらも、「絶対に役立つから!」と言うねずみくんの熱意に負けて、一緒に行くことになります。

いもいもほりほり2

いざ、畑に着くも、掘っても掘っても芋は出てきません。

「ほりほり ほりほり でた だんごむし」 「ほりほり ほりほり でた もぐら」 「ほりほり ほりほり でた へび〜!(驚)」

いもいもほりほり3

出てきた生き物たちが気にかけてくれ、実はここは芋畑ではないことと、向こうに「やぎじいさん」の芋畑があることを教わります。

「おしえてくれて ありがとう」

やぎじいさん本人と芋畑を見つけるも、怖そうなやぎじいさんにたじろぐ兄弟。

そこで、「僕がおじいさんに頼んでくる」とねずみくん。

ねずみくんの宣言通り、しっかり役に立って、芋掘りをさせてもらえることになったのでした。

いもいもほりほり4

どろんこになりながらも、頑張って芋を掘るぶたの兄弟とねずみくん。 頑張った甲斐があり、いろんな形の芋がたくさん採れました。

「でべそいも」、「かえるいも」、「おしりいも」なんてのも出てきます (笑)

いもいもほりほり6 いもいもほりほり5

やぎじいさんがお礼に、落ち葉を集めて焼き芋にしてくれます。 すごくおいしそうに食べるみんな。

いもいもほりほり7

やぎじいさんに、来年も手伝っておくれと頼まれ、お別れ。

最後のオチに、みんなでおならをして、おしまい (笑)

「いけない おいも たべすぎちゃった」

感想

西村 敏雄さんの温かい絵と、リズムの良いフレーズが度々出てくるのが特徴です。

ねずみくんがきっちり有言実行なのも良いですね。 ちょっとした日常の中でも、みんなが助けあっている様子が描かれた素敵な作品でした。

何気に全体のストーリーもしっかりしているので、また見つけたら読んであげたいと思う絵本です。

子どもの反応

2歳6ヶ月の息子に朗読したのですが、かなり気に入っていました。
図書館の貸出期間の2週間、毎日読みたいと持ってきていました。

図書館に返してひと月経つ今でも、芋を見たら「いもいも ほりほり♪」、おならが出たら「いけない!」と言っています (笑)

「おしりいも」も毎回大爆笑でした。

対象年齢が3歳以上となっていますが、2歳前半くらいでも普通に楽しめそうでした。

[2016/3/7 追記]
2歳9ヶ月で、再度借りてきましたが、相変わらず大好きで何度も読んでます。

特に、「ほりほり ほりほり でた へび〜!」のページと、いろんな形のおいもが出てくるところがお気に入りです。

本人に聞くと、持っている絵本達と比べてもダントツで上位の面白さみたいです!

他サイトのレビュー

同じ著者の絵本

プロフィール

  • パパ
    パパ
    記事を書いている人。最近ママに怒られた娘が助けを求めに来るのが嬉しくて仕方ない。
  • 息子
    息子
    長男5歳。好きな番組は、ピタゴラスイッチに始まり、すイエんサー、ネプリーグへ。将来は野球の審判になりたい。
  • 娘
    もうすぐ2歳。兄とは違い活発。オシャレ好きでママの化粧ポーチから口紅を取り出し、たらこ唇になっていることがある。

おすすめの絵本